私の話なのですが、妊活をして


私の話なのですが、妊活をしていた当時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。
一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分け法を実践しました。その後、無事に妊娠し、性別が判明する時までは少し心配もしましたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、大切な栄養素とは言っても、適切な摂取が必要です。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。
胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。
治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵がうまくいかない排卵障害や、受精しても子宮に着床が困難であるといった婦人科面での要素と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性のほうに起因するものが考えられるでしょう。
ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。
不妊対策をしたいと思ったら、男女双方が検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。
不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。
行政からの助成金があるものの、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす自治体が多いですね。第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですよね。
だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。
今年で40歳になる私ですが、常に急かされているような気がして、いっそう精神的に疲れてきました。
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。
こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。
今では葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、妊婦が利用しているケースも多いそうなんです。
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
赤ちゃんが健やかに育つように、例えばサプリメントなどを活用しながら日々の生活に葉酸を取り入れることをお勧めします。
厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。
さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと難しいと思いますから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。
例えば吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰な葉酸摂取へ繋がることがありますので適切な摂取を心がけるようにしましょう。葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。
ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。
そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。
サプリであれば、一日の摂取量が管理しやすい為、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから葉酸サプリをおススメします。妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。
それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、摂取が推奨されます。全体的にはバランスよく多くの食材から栄養をとるのが理想的な食生活というのに変わりはありません。
その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので今しばらくは我慢するべきでしょう。
大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、排卵誘発剤が有効というので試してから、基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。
しかし、男性に出来る妊活があるのか、疑問に思いませんか?実は、男性にもお勧めしたい妊活があります。
それが葉酸の摂取です。
流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。
中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸には、染色体異常を軽減し精子の質を高めるという効果があります。
ですから、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です