二人目が欲しかったのですが、


二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。月に2回通院しても6000円弱で収まるため半年通いましたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。
幸い、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。嬉しかったです。
近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素のひとつであると知られています。普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食事で葉酸を補給するのも難しい時もありますよね。そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。葉酸は葉酸サプリメントに切り替えることで適切な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。
水溶性ビタミンの一つである葉酸は、定期的な摂取の結果、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。
胎児が健康的に成長するためにも、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも摂取が推奨されている事をご存知ですか?実際にサンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。
ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なくはないと思います。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。
ですから普段食べる機会の多い青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食事を摂っていたならば、ある程度は摂取できるのです。妊娠に大切な葉酸は厚生労働省が妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。
それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿、汗と共に体外に排出され、体内に蓄積するということはありません。
ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。葉酸サプリを飲む場合には、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。
ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。
葉酸は母子の体にさまざまな効果が認められていますが、赤ちゃんのためだけに摂取をしているという場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも構いません。
一方で、葉酸は身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。
皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。
葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。
多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。胎児の成長に、葉酸が最も必要となる時期が、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても欠かせない栄養素なんですよね。こうした点から、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。
不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。妊活中において、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。
葉酸が持つ効果としては、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。
基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が必須です。では、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。
また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想であることは間違いありません。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、今しばらくは我慢するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です